声紋分析心理学


声紋分析に使用しているのは「ヴォイス・スキャン」というソフト

6秒間声を録音し12色の波形の強弱で表し「声」の情報を可視化したもの。

 

※公開特許(2007-212932)

※色彩心理学・臨床データから分析

 

声(音)から出る周波数を分解してその人の状態をみます。

32Hz~8192Hzの8オクターブの周波数変換しています。

 

その声はココロとカラダの振動を乗せて発せられています。

要するにカラダは楽器でココロの状態をカラダが察知して「声」(音)として発しているのです。

 

声紋は指紋や網膜といった個人を識別するものと同じ

その人の個性がわかります。

 

その声紋を色彩心理や統計学に基いて心理学的に読み解くもの

習慣やクセ、傾向や特徴、強みや弱みなどもわかります。